サウナ浴 医者がすすめる入り方

いまどきのネットビジネス事情 > 医療 > サウナ浴 医者がすすめる入り方

サウナ浴 医者がすすめる入り方

サウナで存分に発汗するとスカッとするものだ。日常生活ではあり得ないほどの発汗をするだけであれだけの爽快感があるのだから、

体内に水分が溜まった状態=水滞(水毒)がいかに心身の不調をもたらすかが想像できる
というもの。

サウナ浴は室内が90~110℃と高温のため、温熱刺激による血管拡張によって血液の循環がよくなる。

そのため内臓や筋肉への栄養補給がスムースにいき、腎臓への血流もよくなって排尿も増し老廃物が排除されて血液が浄化されるという効能がある。

また汗腺や皮脂腺から汗や皮脂の分泌が盛んになるため、皮膚が浄化され、美肌の効果もある。

さらに、甲状腺の働きがよくなるため、体全体の新陳代謝が活発になる。よって冷えと水毒からくる筋肉痛や筋肉疲労、関節痛、自律神経失調症、アレルギー疾患、婦人病や胃腸病、初期の風邪にサウナ浴が奏功するわけだ。

また冷えも原因のひとつになっているガンの予防にもなるはずである。

ただし、サウナ浴をしている間は酸素の消費量も増加し、心拍量も50~100%増加する
そjのため、心臓や循環器系に負担をかけるので、高血圧や心臓病の人は特に慎重に、

最初は短い時間から始める必要がある。

サウナ浴と水風呂や冷水シャワーを交互に行うと体表の血管が拡張と収縮を繰り返して血液循環を助けることになり、心臓の負担を軽くする一面もある。


5分~10分のサウナ浴と30秒~1分の冷水浴を2~4回繰り返すというのが、一般のサウナの入りかたである おっとヤケドをおってしまった時は低分子キトサンを水で溶いて皮膚つけてシップのように
はっておけばすばやく腫れもせずおさまる。


関連記事

  1. 体内に発生するガン細胞を処理する仕組み
  2. サウナ浴 医者がすすめる入り方
  3. ペットボトルなど水分の取りすぎ
  4. なぜ心臓と脾臓にはガンができないのか?