ペットボトルなど水分の取りすぎ

いまどきのネットビジネス事情 > 医療 > ペットボトルなど水分の取りすぎ

ペットボトルなど水分の取りすぎ

ほとんどの医学者や栄養学者が、水分の多量摂取を強力に勧めている。「一日1リットル以上飲め」とか「夜間、トイレに行って排水したら、その失われた水分くらいの量の水を飲め」とか

「夜間、トイレにいって排尿したら、その失われた水分の量の水をとれ」とか

「入浴の前後、やゴルフの前後はしっかり水を飲め」などなどである。

コレも心底から本当に飲みたい人はいいとしても、飲みたくないひとに水分を強制するのは
疑問が残る。


雨が降らなければ作物は育たないが、大雨が降って洪水が起きると作物は壊滅することもある。
植木は水をやらなければ、枯れるが、水をやりすぎると根腐れする。

体外の大気中に水分が多い(高湿度)と不快指数が上がり心身ともに不調になる。

このように生命にとって大切な水も多過ぎると害になることもあるのだ。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」とはよくいったものである。

子供が寝冷えすると(水様便)することがよくあるし、冷房に入ると頭痛がする人もいる。
雨(水)が降ると腰痛や神経痛がひどくなったりもするように「冷え」と「水」と「痛み」とは
お互いに関連しあっている。

人間は体温が低下すると死ぬ。屈強な若者でも、冬山で遭難すると、外傷を負わなくても
冷えのために死ぬことがある。

そうした特殊な事情を除くと健康な人は病気しない。
がんも高血圧も風邪も糖尿病も、健康からすこし外れたところに病気は存在するのである。

雨に濡れると体が冷えるように、また冷却水という言葉があるように、35℃の外気温なら暑いと感じるのに、35℃の風呂はぬるいと感じるように、水は体を冷やす作用がある。

よって、体は冷えると「病気にならないように」または「病気を治そうとして」冷えの一因である体内
の余分な水分を体外に排泄して体を温めようとする。

寝冷えすると下痢する、冷えて風邪ひくと鼻水、くしゃみがでる。偏頭痛もちの人がひどくなると嘔吐する。

大病すると寝汗をかく。老人が夜間頻尿になるなども、すべて体内の余分な水分を捨てて体を温めなんとか病気を治そうとする反応と考えていい。

薬(化学薬品)の飲みすぎ化学薬品は甲状腺ホルモン剤を除けば、ほとんどが体を冷やすと考えていい

自然界の送りものである天然成分由来の低分子キトサン粉末を活用てもらいたい


関連記事

  1. サウナ浴 医者がすすめる入り方
  2. ペットボトルなど水分の取りすぎ
  3. なぜ心臓と脾臓にはガンができないのか?