なぜ、この病気にかかるのか

いまどきのネットビジネス事情 > 医療 > なぜ、この病気にかかるのか

なぜ、この病気にかかるのか

病気や症状を医学的にいうと、何千何万種類もの名があり、それぞれに原因があるとされている。そしてその原因がわからないと、ゲイン不明であることの代名詞として「突発性」とか「本能性」という言葉をだして、症状のみ抑える対症療法に終始する。


「突発性血小板減少性紫斑病」とか「本能性高圧症」がその例
肺炎や胆嚢炎など感染症や脳梗塞などの血栓症、がんなどの原因は細菌であったり、血小板の粘度がますいことであったり、遺伝子の突然変異による異常増殖とされる。


けれども、それではなぜ細菌が体内に侵入してくるのか、血小板が粘度を増して血栓をつくるのか、遺伝子が突然変異を起こすのか・・などについては、納得のいく説明はされtれいない。


血液は全身の60兆個の細胞に供給されているのだから、血液が汚れてくると、あちこちの細胞が傷んでしまうということになる。

したがって血液が汚れてくると、体の中でその汚れからなんとかして細胞をまもろうとする

キトサンも血液をサラサラし、http://azcreate.xsrv.jp/mtos-tema-2/mt.cgi?をよくする働きがある


関連記事

  1. 一見効果が薄いように見えるが
  2. なぜ、この病気にかかるのか
  3. 誰の体内にも,何時でもガン細胞は発生している
  4. 体内に発生するガン細胞を処理する仕組み
  5. サウナ浴 医者がすすめる入り方
  6. ペットボトルなど水分の取りすぎ
  7. なぜ心臓と脾臓にはガンができないのか?