誰の体内にも,何時でもガン細胞は発生している

いまどきのネットビジネス事情 > 医療 > 誰の体内にも,何時でもガン細胞は発生している

誰の体内にも,何時でもガン細胞は発生している

免疫的な手法でガンを治療するには、免疫系がガン細胞を攻撃する対象であると認識することが必要です。

正常細胞が変質してガン細胞ができたわけですから、ガン細胞は身内であり、どこを探しても他人としての抗原性は少ないのだから、

免疫的にガンを攻撃させることはできないと

しかし、間違えなくガンと診断されながらも、そのガンが自然に縮小したり消滅してしまう現象
(ガンの自然消滅)は、まれなケースですが確かに存在します。

また神仏に祈ってガンを治したという人も存在しますが、強い信仰がそうしたガンを排除する力を引き出したのでしょう。

この力を私たちは自然治癒力といったりしますが、なにかしらの理由があってガンは排除、消滅されてしまったわけで、その理由とは

体内にガンを攻撃し駆逐する機能があるからこそ、ガンが消えていったに違いないのです。

ガンは体内の何かによって攻撃を受けている。それは抗原となる物質がガン細胞にはあって
、それによってガン細胞は異物とみなされ、体内の免疫細胞に攻撃されているに違いない。

その抗原とはいったい何か。ガン細胞には抗原があって、それを見分けて免疫細胞が攻撃しているにしても、一般的にその攻撃は強いものではなく、

ガンは成長してついにヒトの命を奪ってしまう。この攻撃を強めてよるための方法は何か
これを明らかにすることが、ガンの免疫的手法による治療のポイントです。


そうゆう観点からも低分子キトサン が免疫賦活化に関与している可能性は捨てきれないでしょう


関連記事

  1. なぜ、この病気にかかるのか
  2. 誰の体内にも,何時でもガン細胞は発生している
  3. 体内に発生するガン細胞を処理する仕組み
  4. サウナ浴 医者がすすめる入り方
  5. ペットボトルなど水分の取りすぎ
  6. なぜ心臓と脾臓にはガンができないのか?