体内に発生するガン細胞を処理する仕組み

いまどきのネットビジネス事情 > 医療 > 体内に発生するガン細胞を処理する仕組み

体内に発生するガン細胞を処理する仕組み

リンパの一種で、一部の腫瘍細胞(リンパ系腫瘍)やウイルスに感染して正常に機能しなくなった細胞を見つけ次第殺しているナチュラル・キラー細胞(NK細胞) が日本人研究者らの手によって発見された。


リンパ球は、たった一種の抗原レセプターしかもっていないので、特定の抗原にしか対応できないのですが、ナチュラルキラー細胞は、不特定の別な相手に対応する能力があり、リンパ系の腫瘍細胞や、ウイルスに感染した細胞を見つけ出しては攻撃しているのです。


非特異性免疫の機能をもつナチュラル・キラー細胞は、特定の抗原を認識するわけではありません
それでは、ナチュラル・キラー細胞が殺してもよい細胞だと判断し、識別している鍵はなんなのか?


それは現在でもよくわかっていません。
ガン細胞やウイルスに感染した細胞表面の恐らく糖タンパクと呼ばれる構造を認識して間違えなく殺してもよいと判断しているのです。


毎日体内で発生する数千個のガン細胞は、次のような仕組みでころされていると考えられます

1.ガンの抗原を見つけてガン細胞を攻撃するTリンパ球の一種「キラーTリンパ球」の攻撃(細胞性免疫的な反応)


2.ガン細胞のある種の特質を見つけだして攻撃する「ナチュラル・キラー細胞」と「マクロファージ」などによる攻撃


3.血中にあるタンパク質で「補体」と呼ばれる一群はガン抗原が抗体に認識されて抗原抗体反応が起こると次々連鎖的に活性化されて、こうした連携プレーによってガンが日常的に発生しても、ガンという病気にはならない


いずれにせよ免疫力が低下していては闘うすべをなくすわけだ。だから普段からやれることは、やっておこうと思うのも自然とそんな考え方もでてくる。

だから低分子キトサンの飲用をして免疫力を活性化していってほしいと思われます


関連記事

  1. 誰の体内にも,何時でもガン細胞は発生している
  2. 体内に発生するガン細胞を処理する仕組み
  3. サウナ浴 医者がすすめる入り方
  4. ペットボトルなど水分の取りすぎ
  5. なぜ心臓と脾臓にはガンができないのか?