医療

医療

一見効果が薄いように見えるが

一見効果が薄いように見えるが

ガン細胞を直接殺す働きがないということは、一見効果が薄いように見えますが逆を考ええれば、抗がん剤や放射線治療のように、誤って正常細胞を傷をつけたりする危険性もないということになります。がん細胞…

なぜ、この病気にかかるのか

なぜ、この病気にかかるのか

病気や症状を医学的にいうと、何千何万種類もの名があり、それぞれに原因があるとされている。そしてその原因がわからないと、ゲイン不明であることの代名詞として「突発性」とか「本能性」という言葉をだし…

誰の体内にも,何時でもガン細胞は発生している

誰の体内にも,何時でもガン細胞は発生している

免疫的な手法でガンを治療するには、免疫系がガン細胞を攻撃する対象であると認識することが必要です。正常細胞が変質してガン細胞ができたわけですから、ガン細胞は身内であり、どこを探しても他人としての…

体内に発生するガン細胞を処理する仕組み

体内に発生するガン細胞を処理する仕組み

リンパの一種で、一部の腫瘍細胞(リンパ系腫瘍)やウイルスに感染して正常に機能しなくなった細胞を見つけ次第殺しているナチュラル・キラー細胞(NK細胞) が日本人研究者らの手によって発見された。リ…

サウナ浴 医者がすすめる入り方

サウナ浴 医者がすすめる入り方

サウナで存分に発汗するとスカッとするものだ。日常生活ではあり得ないほどの発汗をするだけであれだけの爽快感があるのだから、体内に水分が溜まった状態=水滞(水毒)がいかに心身の不調をもたらすかが想…

ペットボトルなど水分の取りすぎ

ペットボトルなど水分の取りすぎ

ほとんどの医学者や栄養学者が、水分の多量摂取を強力に勧めている。「一日1リットル以上飲め」とか「夜間、トイレに行って排水したら、その失われた水分くらいの量の水を飲め」とか「夜間、トイレにいって…

なぜ心臓と脾臓にはガンができないのか?

なぜ心臓と脾臓にはガンができないのか?

生まれたての赤ちゃんは、赤血球が多くて、体温もたかいので赤い、やがて年齢を重ねるごとに白髪は増え白内障を患い、皮膚には白斑などが出てきたりと白がめだつようになってきます。つまり冷える色というこ…